サンプルサイト

作業療法士とは

作業療法士とは、医療や福祉、介護といったあらゆる現場で活躍している職業で、 応用動作と社会適応のための能力の回復を目的としたリハビリを行う専門家のことです。 日常生活をスムーズに行えるように患者を助け、食事や料理や掃除、読書などといった活動のほかに、音楽やゲーム、 体操などのさまざまな手法をとりいれてリハビリをしていきます。


一度仕事ができなくなるほどに体の機能が低下してしまった患者は、再度社会に復帰することに多くの不安を覚えるものですが、 作業療法士は社会復帰に向けた職業前訓練を実施することによって、再度患者が社会の中で適応していくことへの不安を対処できるようメンタル面でのケアをするだけでなく、 実際の身体の使い方についても仕事に差し支えの無いレベルにまで回復できるよう専門的な知識と効果的な方法で多くの患者を助けています。 では具体的に作業療法士の就職先にはどのようなものがあるのか、まとめてみました。 こうした作業療法士は、メンタル面でも身体面でも患者にとってなくてはならない存在となるため、病院や施設等さまざまな場所で多くの人員が必要とされているのです。


作業療法士になるためには、国家試験に合格しなければならず、 作業療法士を目指している方はどんな学校に進学するかも含めて慎重に検討する必要があるでしょう。 いわゆるリハビリテーション職ともいわれる作業療法士の需要は今後もますます増加する傾向があり、 医学の進歩とともに平均寿命が延びていくことが期待される将来において医師と協力しながら元気に長生きできるよう 多くの人をサポートする職業として注目されています。